Si+enくん


日々の入力を習慣づけることにより、現在の仕事の進み具合を確認できるようになり、
うっかりミスや思い込みによる間違いを防ぐことができます。

現場の担当者だけでなく、管理者や経営者がクラウドによっていつでも仕事の内容や
進捗を確認することができ、事前に迅速かつ的確な指示がおこなえます。

日報による案件ごとの作業時間、要した経費を都度記録していくことで、
予算の範囲内にコストを納めることができるほか、
結果的な採算も把握できるようになります。

顧客との距離感を期待値と関係性でつかみ、無駄なく適切な対応ができるほか、
販売するうえで、常時見込み客を把握できるようになります。

ルールに従ってシステムへの入力を重ねることで、取引先や案件などを
早期に把握することができるようになり、
管理者がすべてを教える必要がなくなります。

Si+enくんクイック紹介動画